ストーブメンテナンスは秋より春がおすすめ。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ

             


  もともと、石油ストーブやボイラーで有名なメーカー、

  サンポット社のペレットストーブ。

  機種は「FFP−471−DF」。

  この日は点火ヒーターの交換とメンテナンスです。

           


  排気トップです。

  石油のFFストーブのそれとあまり変わらない形状ですね。

  
  取り外します。

       


       

  ストーブ後ろ面から、吸排気筒の図。

        


  全面扉など、一度全部取り外さないと、

  ヒーターまでたどり着かないので、

  少々手間です。

  裏面と、基盤がある側面も開かないとです。

  ちょっと手間です。

  
             


   画像右側のボックスに灰が溜まる仕組み。

   掃除機に細いホースを付けて吸い込みます。

   ちょっとやりずらいのですが、

   現在の型では改善されています。

   ファンに付着した灰もきれいに取りましょう。

   
      


  終了でございます・・・。



  ペレットマンでは、ストーブメンテナンスは秋ではなく、

  春をおすすめしております。


  理由はふたつ。

  1、排気管(煙突)内部や、排気経路にたまった灰が、

    湿気を含んでくると、固まって取れにくくなったり、

    サビの原因になります。

  
  2、(一般に?)ストーブ屋さんは秋が忙しく、春がヒマ。

    来てほしい時に、来てくれない可能性があります。


  そんなことですので、メンテナンスをお考えの方は、

  お早目にどうぞー。


  


  

 


   


   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ←ポチっとクリック、お願いできますか?
     にほんブログ村

at 05:57, ペレットマン, ペレスト サンポット社製

comments(0), trackbacks(0), - -

ストーブメンテナンス サンポット2件。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ


 
  この日はサンポットのペレットストーブのメンテナンスが重なりました。

  午前中、飯豊町でサンポット「471−DF」。

  ストーブ設置業者に不調を告げ、

  見てもらったけど良くならないとのことで、・・・。


  排気経路を見てみたら

  掃除された形跡がなく、

  数年経過分の灰がありました・・・。

  お掃除後はすっきり。

            

  
            


  午後は長井市でサンポット「701−DF」。

   
        


  ヒーターの交換です。


        


  その後着火はしましたが、

  ファンの音と、着火時間がどうしても気になり、

  もう一度アチコチ確認。

   
     


  給気菅内にありました。

  なんでしょう?

  どうやらオフシーズンに、蜂などの昆虫の巣が作られていたようです。

  
  これは石油のFFストーブでも当然あることですが、

  気をつけたいものです。

  取り除き、再度排気菅清掃の上、着火。


      


  良く燃えています。


  
  薪ストーブでもペレットストーブでも、

  石油のFFストーブでも、

  オフシーズンの排気筒の保護はなにかしら、

  の対策をしたほうが良さそうですね・・・。



 
  


  
  

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ←ポチっとクリック。いつもありがとうございます。
      にほんブログ村

at 22:52, ペレットマン, ペレスト サンポット社製

comments(0), trackbacks(0), - -

ペレットストーブメンテナンス「サンポット701−DF」

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ


  石油燃焼機器の販売で知られる、

 「サンポット」さんでは、

 ペレットストーブも製造されております。

 
 この日のメンテナンスは、

 サンポット社製の「FFP-701DF」。
 
 
      


  長井市のトマト農家さん宅に伺いました。

  4シーズン目を迎えるストーブです。

             


   まずは、排気筒を外し、

   排気筒内と排気ファンの清掃。

   その後はストーブ内部の排気経路、

   炉内、ヒーター部などをきれいにしていきます。

       
   約1時間から1時間半の作業となります。

  
      

  
   試運転。

   きれいな燃焼です。


       

   ご夫婦でパチリ。

       

  こちらのトマトをこんなにいただきました。

  いつもごちそうさまです。

  めちゃくちゃ甘い果物みたいなトマトなんですよー。


  
  この後小国町に戻って、

  同じ機種のメンテナンスをもう一台。


      

  業務用の掃除機の先にホースを付けて、

  隅々まで灰を吸い取ります。

             

  このボックスはペレットの屑がたまる場所。

  そんなにたまりませんが、

  たまにはお掃除。

      

  こちらの奥さまからは、

  「ストーブの暖かさを楽しめる季節になってきたね。」

  「今シーズンもよろしくね。」

  と声をかけていただき、

  うれしいペレットマン。

  ストーブ屋さん冥利につきるなぁ・・・・。

  こちらこそよろしくおねがいいたします。

  

  


  
   


    

    


  

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ←ポチっと応援、いつもありがとうございます。
      にほんブログ村

at 17:50, ペレットマン, ペレスト サンポット社製

comments(0), trackbacks(0), - -

ストーブメンテナンス サンポット701-DF

 

ペレットストーブ サンポット701−DFの

ユーザー様よりお電話があり、エラー33(不着火)で、

火が着かないとのこと、さっそく現場へ、

まずは疑われるヒーター部をチェック。

ここの異物をキレイに取り、

炉内着火部まわりもなめらかにします。

ううーん。どうもこれだけじゃなさそう。

排気経路を順に掃除していきます。

ファンもきれいにして・・・

・・・ここでしたね。

立ち上がりからトップへの曲がり部で、

こんなに灰がたまってました。吸い取ります。

着火オーライ。

きれいに燃えています。

ペレットストーブには国産、外国産とも、

さまざまなタイプがあります。排気経路など構造の違いで、

灰がたまりやすいものもあります。比較の結果、

この機種には、ホワイトペレットをおすすめするとともに、

来シーズンはホワイトペレットも作りたいと思っています。

at 11:26, ペレットマン, ペレスト サンポット社製

comments(0), trackbacks(0), - -