煙突お掃除な日。

 

  先週の金曜日(6月29日)のこと。


  煙突お掃除な日でした。

  
  最初のお掃除は白鷹町にて、

  昨年設置させていただいた、

  モキ製作所のオーブン付き薪ストーブ



           


  これは設置当時の画像ですが、キッチンの隣に据えられ、

  煮焚きや、オーブンにと大活躍だったという

  こちらのストーブ。

  「結構、焚いたから掃除してみて。」とのことで、やってきました。


  屋根にのぼって煙突トップを外してみます。


        


  上からのぞいてみると、

  サラサラした灰が軽く付いています。

  爽やかなものです。



      


  150mm用のワイヤーブラシを、

  スルスルを下まで差し込んでいきます。

  灰はストーブの中に落ちます。

  後はストーブ内に落ちたサラサラの灰を取り出して、

  終了でございます。

  シンプル構造で、燃焼の良いストーブは、お手入れが楽なのも魅力です。


  オーナー様よりお茶と、お茶のみ話をいただいて、

  次の現場へ・・・。


           


  長井市に来ました。


  こちらも昨年設置のペレットストーブ、

  さいかい産業の「SS−1」です。

  
           


  給排気筒を外して、筒内と、ファン部など、

  お掃除しますが、こちらもあまりたまってませんね。

  このペースでしたら、2、3年に一度のメンテナンスで良いかもしれません。

  
  おばあさまとお茶のみ話をしまして、

  次の現場へ、


        


  小国町です。

  こちらも昨年設置のモキ製作所の「MD−80」。

  壁抜きで、少し横引きがありますので、

  屋根からワイヤーブラシと、横引きは業務用掃除機で・・・。

  立ち上がりはまたワイヤーブラシ。

  その後ストーブ内から灰を回収して終了です。


  仕事がら、いろいろなストーブのメンテナンスをしますが、

  お手入れが楽なストーブは、いいですねぇ。

  お客様も販売店さんも負担が減ります。
  

  今日の2つのメーカーのストーブは、その代表選手やもしれません。

 
  ストーブ選びには、メンテナンス性の良さなども、

  検討材料に入れられると、よろしいかと思います・・・・。

  
  

  

  

  

  

  
  

  
   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ←こちらをポチッといただけると、大変助かります。
      にほんブログ村

at 22:40, ペレットマン, 薪スト その他

comments(0), trackbacks(0), - -