ペレットストーブの普及、拡大の兆し?

 

   先週末のこと。

   お隣、新潟県の胎内市に、

   ペレットストーブのお見積りで伺いました。


             


   ご実家のお隣に、

   ちょっとコンパクト目のお家を建てられる、

   お若いご夫婦。素敵です。

  
   まだ寒かった頃、

   ストーブ展示場をお二人で訪ねられ、

   その暖かさを体験されて、

   さいかい産業のSS−1を設置される運びとなりました。


             


   リビングのこちらのスペースに設置予定です。

   (って、ちょっとわかりにくいですね・・・。)

  
   
   


  このお部屋の天井は、2階の床より、1段高くなっていて、

  その部分が開口部となります。

  ここから2階へも暖気が流れていくようにと考えられたようです。

  
  ボクの見立てたところ、

  SS-1ならやってくれるだろうと思います。

  冬が楽しみですね。



  こんな風に、アチコチお見積りにおじゃましている今日この頃ですが、

  昨年まででは、考えられないペースで、

  問い合わせが来ているようです・・・・。


  例年は、暑い時期はストーブ話なんて・・・、

  と、秋を待つ状態でしたが、


  今年は春から、問い合わせが続き、

  昨日も1日で設置依頼が4件、

  そしてまた今日も・・・。


  山形県で用意されている270台分の補助金も、

  もしや、冬まで持たないかもしれません。


  
  エネルギーのことを真剣に考える人が増えてきたからなのか、

  ペレットストーブに触れる機会が増えてきたからなのか・・・。


  ともあれ、

  ペレットストーブの普及が、拡大していくペースに

  乗り始めたのかもしれない・・・・。


  と肌で感じる、この頃のペレットマンなのでした・・・・。



  

 


   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ←こちらをクリックいただけますと、大変うれしいです。
      にほんブログ村  

at 22:58, ペレットマン, ペレットのこと

comments(0), trackbacks(0), - -

山形県の薪ストーブ、ペレットストーブの助成金について。(24年度)

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ


   薪ストーブや、ペレットストーブの導入をお考えの方は、

   今年度(平成24年度)の助成金制度はどうなるか、

   ちょっと気になるところだと思います。


   ネット上で検索されている方も多いようでしたので、

   正式発表ではなく、あくまでも現在の情報ですが、

   お知らせしたいと思います。


   昨年度(23年度)は県内各自治体で実施する町としない町がありましたが、

   今年度は市や町への申請ではなく、

   県が一括の窓口となるようです。

   つまり、県内に設置の方であれば、助成が受けられることとなります。

   また、前回はペレットストーブへの助成でしたが、

   今年度は薪ストーブにも適応になるとのことです。


   助成の金額はおそらく例年通りで、

   本体、設置費合計の三分の一、上限10万円となると思います。

   多めの台数の予算が見込まれているようですが、

   限りはあると思いますので、早目の申請にこしたことはないと思います。


   実際のこの助成事業内容の発表は、

   6月頃だと思われますが、

   その頃になりましたらまた詳しくお知らせさせていただきます。


   もし、ご質問等ございましたら、

   遠慮なくご連絡ください。(ウェブショップの連絡先からどうぞ)



   たくさんの方が、木の燃料で暖を取ろうと考えてくれればいいなぁと思っています・・・。







   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ ←こちらをポチッといただけるとうれしいです。
      にほんブログ村

at 23:14, ペレットマン, ペレットのこと

comments(0), trackbacks(0), - -

排気の問題点を解決。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ


   南陽市で人気のケーキ屋さん、

   「白いくも」さんへ、

   ペレットストーブのメンテナンスに伺いました。

   こちらも他業者さん設置のストーブです。

   
                


   ストーブはカナダ製、「KOZI MODEL100 GOLD」。

   ストレートの屋根抜き排気ですね。


   設置より4年ほど。

   設置当初と違って、燃えが悪く、ガラスも黒く煤ける状態だとのこと。

   
   いつも通り排気経路や炉内、ファンをお掃除。

   うーん、灰というより煤状のものが多いなぁ。

   こんな場合は排気に問題点があるはず。

   原因はどこかを考えます。


    


  屋根に登り、チムニー内の排気トップを覗いてみます。


  えっ?

  なんと排気トップがチムニーの屋根に接触してます・・・・。

  最初はその隙間から排気されたのでしょうが、

  煤でその隙間もふさがれていったのでしょう。

  これではいけません。

  失礼ですが、あきらかに施工上の問題です。


  オーナー様にご相談の上、

  排気トップを切断させていただきました。


    


  問題解決。
 
  その後はブラシで煙突掃除。

     

  煤を回収。

  メンテナンス終了。

  燃焼確認。

   
     


  良い燃焼です。

  オーナー様にも設置当初の炎に戻ったと喜んで頂けました。


  「KOZI」のストーブは初めてでしたが、

  素敵なストーブですねぇ。

  国産ストーブとは違ったエレガントな質感がたまりません。

            


            


  お店中にただよう甘い香りと、炎が美しいペレットストーブ。

  いい空間だなぁ・・・・。

  
  今度はティータイムでおじゃましたいです。

  皆さんも大人気のケーキ屋さん「白いくも」で、

  ストーブ見学とおいしいケーキはいかがでしょう・・・・。
  

 

 
   


 


   
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ←ポチっとクリック、お願いしまーす。
     にほんブログ村

at 20:03, ペレットマン, ペレットのこと

comments(0), trackbacks(0), - -

ペレットストーブの排気を考察。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ

 
  先日のこと。

  ペレットストーブのメンテナンスで米沢市の白布温泉へ伺いました。

  
    


  素敵な雰囲気の旅館の前でパチリ。

  あーお風呂入りたい!

  の気持ちを抑えてお仕事、お仕事・・・・。


    


  こちらが今日の現場。米沢市が運営する施設で、

  「白布 森の館」。

  こちらもボクの設置ではないストーブですが、

  排気上部の天井が黒く煤けるのでみてほしいとの依頼。


  本来ペレットストーブは煙や煤などは少ないし、

  天井が煤けるとは?

  と疑問を持ちながら現場に向かったのでした。


     


  なるほどこうでしたか・・・。

  
  強制排気のペレットストーブでは、

  排気が長すぎるのは考えもの。

  特に横引きは短くしたいと考えます。

  
  各地でのメンテナンスの経験上、

  排気のシンプルな程、

  ストーブ内の排気経路やファンに溜まる灰が少ない様です。

  経年メンテナンスを行わず、

  排気経路内に灰が溜まると、

  燃焼が不完全なものとなり、

  煤が発生します。今回はその煤が天井に向けられたことになります。

  
         


  排気経路の灰を隅々取り除き、

 
    


  外は暗くなりましたが、

  この様に排気計画を変えてみました。

  ストーブは山本製作所の「ペチカ」です。

  
          


  完了。試運転。

  キレイな燃焼です。

 
  こちらの条件でしたら今後2,3年に1度のメンテナンスを

  お勧めしたいです。


  ペレットストーブは定期メンテナンスで

  気持ちよく快適に使いましょう・・・。


  

   
   (薪ストーブは上昇気流を利用した燃焼ですので、これとは違った考え方です。
  そちらの考察はまたの機会に・・・・。)

 
  
  

  
  

  
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ←ポチっとクリック頂ければうれしいです。
    にほんブログ村

at 20:40, ペレットマン, ペレットのこと

comments(0), trackbacks(0), - -

ペッレット工場。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ



    飯豊町のストーブメンテナンスの後、

  打ち合わせがてらに

  ペレットプラントに寄ってきましたよ。

  ちょこっと画像を紹介。


            


  小国町で間伐された杉間伐材が破砕され、おが粉になった物。

  ローダーで運ばれ、

  
      


  右のコンテナに投入されます。

  左の乾燥機に運ばれ、含水率を調整します。


     

  
  ペレタイザーで圧縮され、

  ペレット燃料になります。


          


  ベルトコンベアで運ばれ、

 
          


   計量機の上で袋詰め。


   大まかですが、こんな感じで

   「小国の杉間伐材ペレット」が作られていますよ。


  
   ペレットマンでは薪ストーブとペレットストーブを扱うわけですが、

   薪は燃料として加工の手間やコストがかからず、

   より自然に近い燃料。

   ペレットは加工の手間はかかるけど、

   薪の2から3倍に圧縮され、熱量と操作性が高まった

   より便利になった木質燃料。

   
   様々な考え方やとらえ方があると思いますが、

   この森林の豊かな地方で、

   エネルギーの地産地消が目的であらば、

   どちらも非常に価値のあるものだと

   ペレットマンは考えています。


   枯渇に向かう化石燃料を、海外からもとめることを少しでも減らし、

   地域にあるエネルギーを使うことで、

   環境負荷が減ったり、

   地域に経済がまわったりしていったら、

   いいだろうなぁって思うんです・・・・・。


   さぁ明日も頑張ろう!

   ってもうAM4時!

   おやすみなさいっ!


   

   

   

   

   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ   ←たくさんの方に知ってもらいたく、ランキングに参加しています。

          にほんブログ村       こちらをクリックいただけるとうれしいです。

                     ありがとうございます。

at 03:11, ペレットマン, ペレットのこと

comments(0), trackbacks(0), - -

ペレット1シーズン分はこの位。(参考値)

 

  今日は山形県の酒田市へ

  ストーブメンテナンスに伺いましたが、

  その様子はまた今度にして・・・・。


  ペレットストーブ使用7年目のこちらのお宅では、

  この季節、年に1度のメンテナンスと

  1シーズン分のペレットを注文なさいます。

  ペレット工場の「中津川バイオマス」さんと同行し、

  中津川さんが配達、ボクがメンテナンスを受け持ちます。

  そのペレットの量はこのぐらい。


      

 
  15キロ入りのペレットが70袋。

  1050キロのペレットで約6カ月間、

  リビングとキッチン合わせて30畳ほどを暖めています。

  ペレットは1キロ50円の全木ペレット。

  他の燃料に比べてランニングコストはいかがなものでしょう。

  計算してみてください。

  1シーズン1トンのペレット使用量は

  山形県あたりでは平均値です。


  ちなみに、このペレットを置いた場所の専有面積は・・・・

  横幅約270センチ、奥行き60センチでした。

  十段積んだ高さは125センチ程です。


  薪棚1シーズン分に比べるとだいぶコンパクトですね。

  当店では、町内配達なら、10袋くらいの単位で配達してます。


  ペレット燃料が普及していって、

  どんどん手軽になっていけばうれしいですよね・・・。
  
  


  

  
  

  

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ポチっと応援、いつもありがとうございます。
     にほんブログ村

at 22:39, ペレットマン, ペレットのこと

comments(2), trackbacks(0), - -

長野県、中野市環境祭におぐにペレット。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ


 距離は遠いけど、

 心は近い長野の同志、

 「パイプ屋本舗」のBOSSのブログ

 をのぞいてみたら、

 中野市環境祭で活躍中?の

 「小国産杉間伐材ペレット」。

 なぜかすごくうれしくて、

 日記に書いて、リンクに貼ってみました。


   






 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ ←ポチっと応援、いつもありがとうございます。
   にほんブログ村

at 23:06, ペレットマン, ペレットのこと

comments(0), trackbacks(0), - -

ペレットストーブ設置助成金のお知らせ。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ


  山形県置賜地区の
  
  ペレットストーブの設置に対する助成金。

  今年度実施の自治体をご案内します。

  置賜地区3市5町の内、

  米沢市、

  高畠町、

  川西町、

  白鷹町、

  小国町、

  飯豊町、

  の1市5町で助成を行うことが決まっているようです。

  基本的には、

  本体と工事費を含めた金額の三分の一、

  上限10万円の助成となりますが、

  自治体によっては、

  プラスアルファもあるようです。

  台数もそれぞれ異なりますますので、

  お問い合わせください。

  
  今年は全国的にペレットストーブや薪ストーブへの

  問い合わせが増えているとのことです。

  震災の影響もあって、

  エネルギーや、環境のことを身近に感じる

  ことが増えたからでしょうか・・・?

  
              


 
  再生可能で、未来にやさしいエネルギー環境を望む

  ペレットマンでは、これからも

  普及につながる情報発信をしていきたいと思っています。

  
 

  
 

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ ←ポチっと応援、いつもありがとうございます。
     にほんブログ村

at 23:48, ペレットマン, ペレットのこと

comments(1), trackbacks(0), - -

ペレット工場のおが粉、放射性物質の測定値。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ




 当社で販売しております森林ペレットを加工していただいている、

 中津川バイオマス(株)さんでは、

 ペレット用のおが粉のほか、

 キノコ栽培に使われる菌床用のおが粉も

 生産しています。


 こちらのペレット工場へも、
 
 このおが粉に対する安全性、

 放射性物質の汚染は大丈夫かといった問い合わせが

 数件入ったようで、

 検査機関に測定を依頼されました。



  中津川バイオマスさんのお許しを得て、

 その測定結果を公開させていただきます。


          



     


 放射性ヨウ素は不検出。

 放射性セシウムはいずれも微量で、

 自然界に存在する程度の

 安心できる数値との報告でした。

 
 まずは一安心ですが、

 さまざまな場所で、さまざまな産物が

 その測定結果によっては、使用できなくなったり、

 食べることができなくなったりということが

 たくさんあるんだということを考えると、

 こんな検査をしなければいけないこと自体に

 憤りを感じずにはいられません。


 地方の生産者の気持ちがわかる人なら、

 原発を推進するなんて言えないんじゃないかなぁ・・・。

 




 にほんブログ村 環境ブログ 循環型社会へ  ご訪問ありがとうございます。←クリックいただけると励みになります。
 にほんブログ村

at 20:48, ペレットマン, ペレットのこと

comments(0), trackbacks(0), - -

ホワイトペレット、小国の杉間伐材で・・・。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ


 先日のことになりますが、

 おとなり、飯豊町のペレット工場に寄ってきました。

 
     

     

   

 当社で販売しております、

 小国の杉間伐材使用「森林ペレット」(全木)は、

 こちらの工場でペレット化していただいております。


 お客様のご要望にお応えして、

 今年度からはホワイトペレットも計画しておりましたが、

 この度、初回分3トン程のホワイトペレットができあがっていました。

 苦節ウン年(笑)、地元の木で作ったホワイトペレット。

 少しだけ、夢に近づいた感じがします。

   
     

     

 
 ホワイトペレットと言っても、

 杉の場合、見た目は全木とあまり変わりがありませんが、

 杉皮をすっかり剥いて、木部だけで作ったペレットです。


     

 こちらのバーカーで一本づつ皮を剥いています。

 手間が増える分、全木ペレットより価格が上がりますが、

 一般的に、灰量が大幅に減り、

 熱量が上がると言われています。


 ストーブの機種によって、ペレットを選んで頂ければと思います。

 このホワイトペレットの検証はこれからですので、

 また今度、報告させていただきます。


 ウェブショップ「ペレットマン」にも近々アップいたします。

 お問い合わせ等、なんでもおまかせでございます。




     

  コチラは薪用に東京に運ばれていく、

  ナラの原木。

  昨シーズンまでは、福島県から運んでいたそうですが、

  またもや放射能の影響で…。



  ウッドマイレージが気になります。

 

 

 

 

 
 

 

 

 
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ←ポチっと応援、いつもありがとうございます。
    にほんブログ村

at 13:31, ペレットマン, ペレットのこと

comments(0), trackbacks(0), - -