<< メンテナンス 山本製作所ペチカ | main | ハラトミ太鼓のみなさん >>

ペレットを配達しています。

 

現在、エネルギーを地産地消したいっ!

と、活動しているボクですが、

4年程前には、ガソリンスタンドの所長さんという立場で、

化石燃料の販売をしていました。

石油をただ買う立場だった時は、

イメージできなかったことですが、

世の中では、これほど石油が使われているのか。

と、実感することができました。

小国町という人口9000人あまりの町に、

10軒のスタンドがあり、その内の1軒で、

一か月の販売量が10万リットルとか20万リットルという単位。

これが全国で、世界中で行われているのか。

あれだけの人口を抱える中国やインドなどの新興国では、

これから需要が増えるのだという。

「いくらなんでもなくなっちゃうでしょー。」

と単純に思ったし、

「これを買うお金は全部、町外、国外に出ていくお金だよなー。

本当にこの先大丈夫なのかしらん?」

などと、未来をさむざむしく想像してしまったのでした。

そんな時、1台のペレットストーブを設置し、

ペレット燃料も供給する機会に恵まれました。

その暖かさと便利さに驚き、お客様の満足げな顔に、

可能性を感じました。

そして、もしこの燃料がこの地域の材で作られ、

地域で消費されていけば、

この状況が変えらるかもしれない。と考えました。

石油の消費を減らせるし、

この町には、その資源がたくさんあるんだ。

お金が外に出ないで、町で循環する。

雇用も生まれるかもしれない・・・。

よしっ、とにかく動いてみよう!

 

 

  

  (資料提供 東北芸術工科大学 三浦准教授)

そしてボクは、今日も小国の杉間伐ペレットを配達します。

ありがとう。と、がんばるぞーの気持ちを胸に秘め。

   


                                                                                     

               人気ブログランキングへ

at 00:47, ペレットマン, ペレットのこと

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://pelletman.jugem.jp/trackback/18