<< 春のお楽しみ。 | main | 囲炉裏と薪ストーブで。 >>

ストーブメンテナンスは秋より春がおすすめ。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ

             


  もともと、石油ストーブやボイラーで有名なメーカー、

  サンポット社のペレットストーブ。

  機種は「FFP−471−DF」。

  この日は点火ヒーターの交換とメンテナンスです。

           


  排気トップです。

  石油のFFストーブのそれとあまり変わらない形状ですね。

  
  取り外します。

       


       

  ストーブ後ろ面から、吸排気筒の図。

        


  全面扉など、一度全部取り外さないと、

  ヒーターまでたどり着かないので、

  少々手間です。

  裏面と、基盤がある側面も開かないとです。

  ちょっと手間です。

  
             


   画像右側のボックスに灰が溜まる仕組み。

   掃除機に細いホースを付けて吸い込みます。

   ちょっとやりずらいのですが、

   現在の型では改善されています。

   ファンに付着した灰もきれいに取りましょう。

   
      


  終了でございます・・・。



  ペレットマンでは、ストーブメンテナンスは秋ではなく、

  春をおすすめしております。


  理由はふたつ。

  1、排気管(煙突)内部や、排気経路にたまった灰が、

    湿気を含んでくると、固まって取れにくくなったり、

    サビの原因になります。

  
  2、(一般に?)ストーブ屋さんは秋が忙しく、春がヒマ。

    来てほしい時に、来てくれない可能性があります。


  そんなことですので、メンテナンスをお考えの方は、

  お早目にどうぞー。


  


  

 


   


   にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ←ポチっとクリック、お願いできますか?
     にほんブログ村

at 05:57, ペレットマン, ペレスト サンポット社製

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://pelletman.jugem.jp/trackback/283