<< モキ製作所より、新型薪ストーブ「IILA」。本日発表。 | main | オーストリア視察旅行編 その21。(環境エネルギー展示会 前編) >>

オーストリア視察旅行編 その20。(ソーラーシティー)

 
 

  またまた間が空いてしまった視察旅行編。

  3月のできごとを今アップしております。

  季節感がなくて恐縮ですが、残り二日の滞在記。

  もう少しお付き合いくださいませ。


  さて、3泊4日のアルメンランド地方の視察を終え、向かった次なる視察地は、

  オーストリア第3の都市「リンツ」郊外にあります環境ニュータウン。

  その名も「ソーラーシティー」。


     


     


  「リンツ」より直通の路面電車の駅を中心に、約1300戸のアパート群が立ち並び、

  3300人が暮す、新しい街です。


     


    


  この街のアパート群は、ソーラーパネル発電はもちろん、

  自然の採光や通風を取り入れたり、最高基準の断熱を施されていたり、

  はたまた、バイオマスなどを使った大型ボイラーでの地域熱供給が

  施設されてあったりで、

  街全体が、低環境負荷都市となっていました。


     

  
  昨日までは、アルメンランド地域で、地方のバイオマス利用の様子などを

  見てきて、とても感心していたボクは、

  さらに目からウロコで、都市部でだって、こんなにできるじゃないかって思ったのでした。


     


  オーストリアってすごい!けど、できてるところがあるんだから、

  僕らにだって、できるんだよね!

  どこかに頼りっぱなしの化石燃料だって、

  ボクは反対な原発だって、

  減らしていくことってできるんだよねって、

  すごく勇気がもらえたのでした・・・。

    

  
  日本だって、そういう方向に向かって行きたいと思うボクなのでした・・・・。



          


  この夜のお宿はリンツ市内のこちらのホテル。

  ひさびさの都市部だったので、夜はちょっと飲みに出ちゃいました。


  とってもきれいな街でしたよ。




  


  


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ  ←たくさんの方に見てもらいたくて、ランキングに参加してます
    にほんブログ村       ポチッとクリックいただけるとうれしいです。

at 22:54, ペレットマン, オーストリア視察旅行編

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://pelletman.jugem.jp/trackback/317