<< 杉間伐材のペレット。小袋詰め。 | main | ミツバチの羽音と地球の回転。置賜上映会。 >>

中学生と地産エネルギーを語る。

 
 昨日(6月2日)。

 小国町役場、産業振興課さんの企画で、

 「森から拓く次代の生業(わざ)づくり」と題した講和会が、

 小国中学校で3年生を対象に行われました。

 
    

 小国町で森や風土に関わる仕事をする人の事例発表。

 炭の生産や有機農業を生業とするKさん、

 つる細工がライフワークのAさんと共に、

 ボクも発表者の一人として参加させていただきました。

 
 お題は「小国町でエネルギーの地産地消を考える」。

    

 子どもたちに伝わるように、

 エネルギーって、自給率って何?ってところから、

 薪ストーブ、ペレットストーブの設置事例。

 化石燃料と木質燃料の流通の対比などを、

 パワーポイントやホワイトボードを使って、

 なるべく噛み砕いて、話しました。

    

 昨日のブログのペレットの小袋はここで使われるのでした。

 小国の今まで切り捨てられていた間伐材が、

 この様にペレット燃料になって、

 ペレットストーブで暖をとる生活を選べば、

 エネルギーが地産地消できるよね。

 そう考えれば、君たちは宝の山に住んでいることになる。

    

 ペレットの小袋を見つめる子どもたち・・・。

 きっと初めて見る子が多かったと思います。

 これを子どもたちに手にしてもらっただけで、

 今回参加した意味があるなとボクは思いました。

    

 中学生からの質問や感想などの発言もたくさん出され、
 
 感心したし、うれしかったですよ。


 会の終了後にトイレで会った生徒に、

 「お話わかった?難しくなかった?」

 と尋ねたら、

 「すごくおもしろかったです。」

 と答えてくれました。

 ・・・・良かったです。


 君たちの進む未来が明るいものになるように、

 ボク達大人は努めます。

 君たちもたくさんお勉強してねー。

   





  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへそのポチっがうれしい。
   にほんブログ村

at 06:16, ペレットマン, ペレットのこと

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://pelletman.jugem.jp/trackback/56