陶器のストーブ、焼きあがりました。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ

  8月14日。

 オフです。

 以前コネコネした陶器

 焼きあがったと連絡が入ったので、

 子どもたちと一緒に「源流の森」の

 クラフト工房へ行ってきました。

         

 ストーブです。

 なかなか良い色がでました。

 お家に帰ったら中にろうそくを灯してみます。

     

 ミニミニストーブは素焼きになっていましたので、

 釉薬を塗って、再度焼いてもらいます。

     

 仕上がりが楽しみ。

     

 今日もまたそれぞれが製作をしていきます。

 ハカタは、お皿に絵付け。

     
 
 3歳児もがんばります。



 ボクもまた作りましたよ。

 今回は灰皿。

 お店に欲しかったので。

     

 囲炉裏風にしてみましたよ。

 五徳と鉄瓶付きです。(笑)





 自宅に戻り、

         

 ロウソク入れてみました。

     

  蚊取り線香皿も使ってみましたよ。

          

 もう少し暗くなってから、

 オフシーズンの薪ストーブの上で灯してみました。
 
 ストーブオンストーブです・・・・?


 暑くてストーブが焚けない夜にいかがでしょうか?



 
  


 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ ←おもしろいと思ってくれた方、こちらをクリックお願いします。
  にほんブログ村

at 19:52, ペレットマン, ものづくり

comments(0), trackbacks(0), - -

ストーブ製作?

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ


 7月31日(日)。


 今日はオフにしました。

 いつものところで、

 陶芸をしてきましたよ。

    

 ストーブを製作してみました。(笑)

 キャンドルを入れて灯したら、

 おもしろいんじゃないかと。

    

 ストーブ量産中。


 釉薬を塗って焼きあがったら、

 どうなるか楽しみです。



    

 蚊取り線香皿が欲しかったので、

 これも作ってみました。
 









にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ
  にほんブログ村

at 07:17, ペレットマン, ものづくり

comments(0), trackbacks(0), - -

エネルギーの地産地消を目指して。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ


           

 看板作りが続いています。

 さすがに飽きてきた感がありますが、

 作業自体のスピードは上がっているようです。

 看板仕事ございましたら、

 お声掛けください。(笑)


 もう少しなので、がんばります。

       








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

      にほんブログ村

at 18:22, ペレットマン, ものづくり

comments(0), trackbacks(0), - -

小さなストーブに小さな炉台。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ

 展示場に置こうと思っている

 小さなストーブに、

 小さな炉台を作ってあげたいと考えていました。

 
    

 錆びた鉄板をいただきましたので、

 これをワイヤーブラシをつけたサンダーで磨いてみると、

     

 おっ いい色じゃないか。

 鉄板1枚ではかわいそうなんで、

 ちょっと足をつけてみましょう。

 転がっていた細い角パイプを4角につけます。

        

 実は溶接は初挑戦。

 やればできるものです。

 今日は小さな一歩ですが、

 やがてこれが手作りストーブにつながるやもしれません。


 それはさておき、

 小さな炉台は30分程で完成。

         

 そして、このかわいい炉台に収まるストーブはこちら、

        

          

 こんなストーブですが、

 見たことありますでしょうか。

 何を燃料にするストーブでしょう?

           

 こんなで、

         

 こんなです。


 そのデザインと構造が

 マニア心をくすぐるわけですが、

 このストーブの情報は

 ネット上でもちょっと少ない様です。

 エンブレムに「フクロウストウブ」とあること

 だけ書き添えて、

 今日は、ここまで・・・・。

 





にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへポチっと応援ありがとうございます。
 にほんブログ村

at 21:43, ペレットマン, ものづくり

comments(0), trackbacks(0), - -

自分のお家を作ってます。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ

 自分のお家を作っているんだそうです。

              

 末っ子アイタロウさん。3さい。

               

 
 


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
   にほんブログ村

at 21:20, ペレットマン, ものづくり

comments(0), trackbacks(0), - -

子ども木工クラブ。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ
 

 7月18日。

 朝早くに一度自宅に帰り、

 しばらくたってから、アトリエに戻ると、

     

 木工教室が始まっていました。

 先生は校長先生、生徒は昨日山小屋に宿泊した

 5年生の男の子二人。

     

 それぞれが自分の作りたいモノを、

 先生に教えてもらいながら、製作していきますよ。

 先生は、現役時代、何人もの中学生を全国レベルの

 木工コンテストで大きな賞をとらせている、

 その道の大先生なのです。

 ボクも、40歳の生徒ですけどね。(笑)


 
 

 ボクは昨日の続きで看板作り・・・。

 木を切る音や、クギを叩く音、

 トンテンカンを聞きながら、

 ボクは、ゆっくりと筆を進めます。

 なぜか幸せ感じる時間でした。

     

 よしっ!1枚完成!

 もう1枚!

 
 の前に、お昼御飯。


     

 みんなで山小屋にもどって、

 ソーメンにしましたよ。

 ネギ、じゃがいも、きゅうりは、ココの畑の採れたてです。

 
          

 午後も作業を続けて、

 子どもたちの作品ができていきます。


               

 将来は宮大工さんになりたいと言う。

 Kくんは、工具箱を作りましたよ。

 よくできました。


     

 音楽と、工作が好きなSくんはスピーカー。

 自分の好きな曲をかけて、ご満悦。

 きっと、すごくうれしいんだろーなー。

 ちなみに彼が持ち込んで、1番最初にかけた曲は、

 イーグルスの「ホテルカリフォルニア」。

 しぶいね、君ぃー。



 ボクも完成。


    

 2日がかりでしたが、

 思ったより、良くできたかなと。

 今後アレンジできるように余白を残しています。

 

 2日間山小屋とアトリエに入り浸りでしたが、

 なかなか充実してました。

 楽しかったなぁ。

 
 子どもたちもまた来て、工作しようなー。

 


 

 

 


 
 

 
 
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへポチっと応援ありがとうございます。
  にほんブログ村

at 13:19, ペレットマン, ものづくり

comments(2), trackbacks(0), - -

池の水漏れ修繕、その2。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ

 7月16日。

 今日は、先日水漏れの修繕をした小学校の池に、

 水を張りに来ました。

 今日も日差しが強く、

 飲み会の次の日にはこたえます。

 
     

 水を張って行って、水漏れがないか、

 確認していきます。

    

 水が入り、漏れているところからは、

 プクプクと泡がでてきますので、

 それを探します。


 上画像は「あぁ、ここから漏れてるなぁ。」の図。

 
 前回、ヒビ割れが確認されず、補修しなかった箇所から、

 わずかな漏れが数か所発見されました。


    

 もう一度、ポンプで水を抜いて、

 漏れ箇所をコーキング。

    

 また水を張りますよ。

 
 後は大丈夫だと思います。

 早く池に生き物たちが戻ってくるといいですね。

 小学生のみなさん。






 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
   にほんブログ村

at 07:02, ペレットマン, ものづくり

comments(0), trackbacks(0), - -

池の水漏れを修繕。

JUGEMテーマ:ペレットストーブ&薪ストーブ

 朝9時に校長先生と山小屋に集合。

 今日のお仕事は小国町某小学校の池の水漏れの修繕。

 

 先生は現役時代、自身が校長を務める学校のプールの水漏れで、

 予算不足のためあやうく廃プールになるところを自力で直したという実績があります。

 それ以来はあちこちから依頼を受ける身の上。

 引退した今もお声がかかります。


 こちらの池も、以前はメダカや水中せいぶつの住む

 ビオトーブの池でしたが、

 最近は水漏れのため、水道の水を出しっぱなしにしており、

 水道代が大変なことに。

 土日に水を止めるとすっかり水が抜けてしまうとのことでした。

    

    

 池の中を掃除してみると、コンクリートの割れや、はがれ。

 思ったより広範囲に広がっています。

    

 ヒビの上に直接コンクリを塗ったのでは、弱いので、

 一度広めにカッターを入れてから塗り直します。

    

 小学生がお手伝いに来てくれました。

 粉が舞うから、マスクをしてね。
 
 
 こちらの小学校の女性の校長先生も参加してくれました。

           

 いつもの粘土を練っていただいてます。


 コンクリートで補修はしましたが、

 なるべく早くメダカ達が住める池にするべく、

 コンクリートを塗った上に自然の粘土を塗り重ねようと考えました。

     

 こんな感じ。

     

 ビニールシートをかけて、2,3日置いてから、

 水を入れてみますよ。


 作業終了は午後4時頃。

 校長先生に校長先生、お疲れ様でした―!

 

 いやー、それにしても今日も暑かった。

 しゃがんで仕事を続けて、ふっと立ちあがると、

 クラっときますよね。こんな日は。




 たのむ!水よ止まってくれー。
 





 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへポチっと応援ありがとうございます。
   にほんブログ村

at 21:18, ペレットマン, ものづくり

comments(2), trackbacks(0), - -

ロケットストーブを作ってみよう。

 
 7月10日、

 ライブイベントに参加してきました。

          

 午前中は会にちなむ峠道を歩き、

 午後からは、夕方からのライブに向け、会場準備。

 
 朝から夜中まで、内容の濃い長い一日でしたが、

 ボクはそのうちの

 「ロケットストーブワークショップ」の様子をお伝えします。


     
 
 一斗缶と煙突で作る、

 簡単だけど、強力な薪焚きコンロ。

 構造、作り方を説明しながら、参加者にも実際に作っていただきます。

     

 一斗缶に煙突が通る穴をあけます。

 金切りばさみで簡単にきれますよ。

     

 煙突を適宜の長さに切り、

 一斗缶に組み、煙突まわりを砂で覆います。

 これが、煙突を保温し、燃焼を促進します。

     

 レンガを五徳がわりに置いて、完成。

 さっそく焚いてみました。

     

 落ちている杉の葉もよく燃えます。

 煙突内に向かって、火が引っ張られている様子が

 わかりますか?

 上昇気流(ドラフト)ですね。

 完全燃焼時、煙もほとんどでません。

          

 山歩きの時間に採った山菜(ミズ)を煮ています。

 おひたしにして、生姜醤油でいただきました。

 焚口の下部にプレートがあるのが見えますでしょうか。

 一斗缶のフタを長方形に切って、 敷いてあるのですが、

 空気口です。ここ意外と大事です。

    
 
 自分でつくったストーブでお湯を沸かし、

 ティータイムです。


 
 この後、ライブ、うちあげと流れていきましたが、

 おじさんはもうへとへとですよ。


 その他、イベント内容は、かぁちゃんのブログに詳しいです。
 

    

 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
  にほんブログ村

at 04:48, ペレットマン, ものづくり

comments(0), trackbacks(0), - -

「connect for CONNECT」でロケットストーブワークショップ。

 
  小国町の若者有志が企画、運営し、

 例年10月に開催される野外音楽イベント

 「connect」。

 そのプレイベントも数回予定されており、

 その1つが明日(7月10日)行われます。

         

         

 ボクも参加し、一緒に山歩きをします。

 ボクは、ちょっとワークショップもさせていただくことになりました。

 最近ボクが楽しんでいる、

 「ロケットストーブを作ってみよう!」

 をやってみます。

     

 一斗缶や煙突部材など、用意しましたよ。

 ちょっとした道具で簡単にできるコンロ型ストーブですが、

 その簡易な作りに似合わない強力な火力に、

 みんなびっくりするんだろうなー。

 目に浮かぶようだ・・・・。(ふふふ・・・)


 その様子はまた後日。

 お楽しみに・・・。


  (家の奥さまはいつものチャリティーバザーで参加しますよ。)
 






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
ポチっとありがとうございます。
  にほんブログ村

at 19:54, ペレットマン, ものづくり

comments(0), trackbacks(0), - -